ケフィアヨーグルトとビフィズス菌

ケフィアヨーグルトとビフィズス菌

 

ケフィアヨーグルト乳酸菌と酵母

 

この乳酸菌と同じようにお腹に良いとされているビフィズス菌について考えてみたいと思います。

 

乳酸菌もビフィズス菌も、腸の中の存在する善玉菌です。

 

どちらも腸の調子を整える働きをするため、広い意味で、ビフィズス菌は乳酸菌の一種とされることもあるようです。

 

しかし、生化学的な分類では、ビフィズス菌と乳酸菌は違うものなのです。

 

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

 

ビフィズス違い

 

乳酸菌とビフィズス菌の大きな違いは作り出すものです。

 

乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。

 

一方ビフィズス菌は、糖を分解して乳酸と酢酸を作り出す細菌のことです。

 

また、乳酸菌もビフィズス菌も腸の中に棲む細菌ですが、その数が違います。

 

乳酸菌は1億〜1000億個、ビフィズス菌は1兆〜10兆と言われています。

 

 

ビフィズス菌の働き

 

ビフィズス菌の働き

 

それでは、ビフィズス菌の具体的な働きと効果を見ていきたいと思います。

 

 

お腹の調子を整える

 

ビフィズス菌は、糖を分解する時に、乳酸、酢酸を作り出します。

 

これが、腸内の有害菌を抑制します。

 

有害菌はアンモニアやインドールといった腐敗産物を作ります。

 

乳酸や酢酸によりこれらの腐敗産物が減少するので、腸の中の環境が整えられるのです。

 

これにより、朝のスッキリや不調も改善してくれる効果が期待されるのです。

 

 

感染を防御する

 

ビフィズス菌は、乳酸や酢酸などの有機酸を作り出します。

 

これにより大腸内を酸性にします。

 

善玉菌は酸性と好み、悪玉菌は酸性を嫌がります。

 

酸性の環境になることにより、酸性優勢の状態にすることができるのです。

 

また、腸内細菌のバランスが良くなり、病原体の感染を防ぐ効果もあります。

 

実際にインフルエンザなどに対する防御作用が報告されているそうです。

 

また、ビフィズス菌には、インフルエンザや風邪のウイルスに対応する働きのあるナチュラルキラー細胞を働きかける効果も期待されています。

 

さらに、腸内細菌のバランスが整えられると、免疫細胞も正常に働くので、ウイルスなどが入ってきても感染症にかかりにくくなるのです。

 

 

免疫を調節する

 

人間の免疫細胞の6〜7割は腸の中に存在しています。

 

ビフィズス菌の力により腸内を善玉菌優勢の状態にすることにより、腸内環境が整います。

 

これにより、腸の免疫力も整えられる効果も期待されています。

 

免疫異常の症状でもあるアレルギー症状なども、この免疫力と関係があります。

 

 

糖質代謝を健康にする

 

ビフィズス菌を摂取することで、糖質代謝が正常な働きがされるとされています。

 

糖質代謝が上手く作用しないと、中性脂肪やコレステロールが過剰に蓄積されてしまい、高脂肪血症となり、心筋梗塞や動脈硬化を起こす原因にもなってしまうのです。

 

糖質代謝をサポートしてくれるビフィズス菌は、健康維持のために、大切な存在なのですね。

 

 

乳酸菌とビフィズス菌の関係

 

このように、乳酸菌の力のすごさがお分かりいただけたと思います。

 

しかし、ほとんどのヨーグルトにはビフィズス菌は入っていません。

 

ケフィアヨーグルトにも、ビフィズス菌自体は入っていません。

 

しかし、ケフィアヨーグルトに多く含まれている乳酸菌は、このビフィズス菌を働きかけサポート役なのです。

 

ビフィズス菌が住みやすい環境作りをしてくれているのです。

 

乳酸菌の種類が多いケフィアヨーグルトは、ビフィズス菌をより元気にしてくれるのですね。

 

以上、ケフィアヨーグルトとビフィズス菌についてご紹介してきました。

 

ビフィズス菌の素晴らしさをお分かりいただけたと思います。このビフィズス菌をサポートする存在なのがケフィアヨーグルトなのですね。

 


ケフィアヨーグルトトップ

おすすめケフィアヨーグルト3選(トップ記事)

当サイトでおすすめすするケフィアヨーグルト3選。TVCMでも有名で管理人一押しのロイヤルユキ ロイヤルケフィアヨーグルト、老舗のケフランの健康志向向けのオリジナルケフィア、豆乳で作るcorcorのケフィア豆乳ヨーグルトを紹介。また、ケフィアヨーグルトの効果効能や口コミなど情報満載。