ケフィアヨーグルトと乳酸菌

ケフィアヨーグルトと乳酸菌

 

ケフィアヨーグルトと乳酸菌

 

ケフィアヨーグルトを色々と調べる中で、何度も登場するのが「乳酸菌」と「酵母」です。

 

ここで、この2つの成分をさらに掘り下げてみたいと思います。

 

 

乳酸菌とは

 

乳酸菌は、オリゴ糖などの糖を利用して、乳酸をはじめとする酸を作り出す細菌の総称です。

 

人間の腸の中には、約100種類、約100兆個もの細菌が棲んでいます。

 

あまりにも大きな数でピンとこないかもしれません。

 

重さにして考えてみましょう。

 

これらの細菌を合計するとなんと1sにもなるそうです。

 

ちなみに、細菌1つの大きさは1マイクロメートル前後です。

 

1マイクロメートルとは1oの1000分の1の大きさです。

 

このように非常に小さな細菌が、1sにもなるとは驚きですね。

 

腸の中の細菌とともに生きていると言っても過言ではありません。

 

よって、この腸内細菌のバランスによって、人間体の健康は大きく左右されるのです。

 

 

善玉菌と悪玉菌

 

善玉菌と悪玉菌

 

乳酸菌は善玉菌の代表です。乳酸菌と増やすこと=善玉菌を増やすことです。

 

善玉菌と悪玉菌は腸内で一定数存在するので、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、悪玉菌が増えれば善玉菌が減るという形になっています。

 

赤ちゃんが産まれてから離乳食に入る頃には、善玉菌あるビフィズス菌が9割を占めています。

 

しかし、この離乳期を過ぎると、善玉菌は減り始め、悪玉菌が増えてくるようになります。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは丈夫なのに、この頃を過ぎると、体調を壊しやすくなるのは、この善玉菌と悪玉菌のバランスが原因の1つのようです。

 

やがて年を取ると善玉菌はどんどん減ってしまい、悪玉菌による悪い影響が増えてきてしまうのです。

 

この悪玉菌の増加を止めるために、多くの乳酸菌を含んでいるケフィアヨーグルトを摂取することはとても有益なのです。

 

 

乳酸菌のメリット

 

ここで、乳酸菌のメリットを改めてまとめてみました。

 

 

腸の働きを整える

 

乳酸菌は、糖を分解して乳酸や酢酸を作り出すことにより、腸の働きを正常にしてくれます。

 

また、善玉菌である乳酸菌が増えることにより、悪玉菌が減り、腸内のバランスが良くなります。

 

 

健康な体を維持する

 

乳酸菌は余分な悪玉コレステロールだけを取り除いたり、悪玉菌の数を減らすことにより、血流を良くして代謝機能を回復へと導いてくれるとされています。

 

健康な体を維持する効果や、軽やかな体作りをサポートする効果が期待されているのです。

 

 

お肌の調子を整える

 

善玉菌である乳酸菌が増えて悪玉菌が抑えられると、腸内の環境が整います。

 

腸内環境が良くなると、にきびやふきでものを防いでくれたり、若々しいお肌を保てるなどの効果も期待されています。

 

 

以上、乳酸菌についてまとめてみました。

 

より一層、乳酸菌のすごさがおわかりいただけたと思います。

 

そして、このような乳酸菌を多く含むケフィアヨーグルトは、本当に多くの効果が期待できるわけなんですね。

 


ケフィアヨーグルトトップ

おすすめケフィアヨーグルト3選(トップ記事)

当サイトでおすすめすするケフィアヨーグルト3選。TVCMでも有名で管理人一押しのロイヤルユキ ロイヤルケフィアヨーグルト、老舗のケフランの健康志向向けのオリジナルケフィア、豆乳で作るcorcorのケフィア豆乳ヨーグルトを紹介。また、ケフィアヨーグルトの効果効能や口コミなど情報満載。