ケフィアの意味

ケフィアの意味

 

ケフィアの語源

 

ここからは、このケフィアについて、より詳しくご紹介していきたいと思います。

 

まずは、ケフィアという言葉の意味について見ていきましょう。

 

 

ケフィアの語源

 

ケフィアは、ロシアのコーカス地方で生まれました。

 

いつ誕生したのかははっきりしていませんが、その語源にはいくつかの説があります。

 

まずは、トルコ語の「ケイフ(Keyif)」が語源という説です。

 

この言葉は、喜び、楽しみ、健康を意味します。

 

また、アラビア語の「カイフ(keyf)」が語源という説もあります。

 

この言葉は、健康、嗜好、ほろ酔いという意味があります。

 

トルコ語の「ケフ(kef)」が語源という説もあります。

 

この言葉は、安らかという意味があります。

 

また、派生語として、トルコ語に「ケイフリ(Keyifli)という言葉もあります。

 

この言葉は、楽しい、陽気な、幸福なという意味です。

 

このようなケフィアの語源を見てみると、どれもケフィアの特徴をよく表した言葉であることがわかります。

 

健康に良い食品であり、とても美味しく、喜び楽しみながら食べていた様子が伝わってきますね。

 

コーカス地方の方にとっては、昔からとても大切で特別な食べ物だったのでしょう。

 

また、コーカス地方では、ケフィアは多くの人々に愛されていた食品で、村ごと、部族ごとに色々な呼び方がされてきました。

 

「カフィール(Kaphir)」、ケフィール(kefer)」などがあります。

 

どの言葉も、爽やかな味わいという意味です。

 

これは、ケフィアの味わいを表していたとされています。

 

ケフィア独自の、爽やかでぴりっと刺激のある美味しさを、表現した呼び方だったのですね。

 

 

ヨーグルトきのことは

 

ヨーグルトきのこ

 

ケフィアは、日本では1990年代に「ヨーグルトきのこ」という言葉で大流行しました。

 

ヨーグルトのようなきのこ?きのこのようなヨーグルト?と思ってしまうような、何ともユニークな言葉で、とてもインパクトがありました。

 

ケフィアの乳酸菌が、ねばねばした物質を作り、そこにくっつくような形で、乳酸菌と酵母の固まりが形成されます。

 

この固まりがケフィアグレインです。

 

ケフィアヨーグルトの基になるものです。

 

この形がきのこに似ていることから、このような名前がつけられました。

 

ケフィアという言葉は知らなくても、このヨーグルトきのこという言葉は知っているという方も多いかもしれません。

 

以上、ケフィアという言葉の意味についてご紹介ました。

 

言葉の意味を知ると、より興味が出てくると思います。

 

ぜひ、ケフィアについて、もっと理解を深めていただけたらと思います。

 


ケフィアヨーグルトトップ

おすすめケフィアヨーグルト3選(トップ記事)

当サイトでおすすめすするケフィアヨーグルト3選。TVCMでも有名で管理人一押しのロイヤルユキ ロイヤルケフィアヨーグルト、老舗のケフランの健康志向向けのオリジナルケフィア、豆乳で作るcorcorのケフィア豆乳ヨーグルトを紹介。また、ケフィアヨーグルトの効果効能や口コミなど情報満載。